勤労感謝の日の由来🌾

85C1F111-3914-42C9-BC16-3EAF5D0FEEA0.jpeg

 

毎日美味しい食事がいただけるのは、

自然の恵みと毎日頑張って働く皆様のおかげ。

日々その感謝を忘れないようにしよう☺️🙏🏻

📷 by Daisuke Kobayashi

http://news.livedoor.com/article/detail/15636987/

【記事より抜粋】

勤労感謝の日とは「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」とされています。

この日は「働いている方に感謝の気持ちを伝える日」と広く認識されていますが、

なぜ23日なのでしょうか。

実は、1123日は最初から勤労感謝の日だったわけではなく、

もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」というお祭りの日とされていたのです。

新嘗祭とは、その年に収穫された新米や新酒を天地の神様に捧げ、

天皇と国民が一体となって、天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う国民的な祭典です。

その歴史は古く、一説によると飛鳥時代からあったといわれています。

宮中行事のため、一般の方にはあまり馴染みがありませんが、

新嘗祭は今でも大切な行事として執り行われています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中